株主優待人気.net

人気の株主優待銘柄が丸わかり!株主優待を利用してお得に儲けちゃいましょう!

*

株主優待の裏ワザ クロス取引

・株主優待が欲しい
・でも長期間の保有はしたくない
・権利確定日を過ぎての下落が怖い

こんなジレンマを抱えている投資家も多いのではないでしょうか?でも、実は株主優待をほぼノーリスクで貰えちゃう裏ワザもあるんです!
株価の下落リスクを回避しつつ、しっかり株主優待を貰えちゃう株主優待裏ワザ「クロス取引」のテクニックをご紹介します。

株主優待 クロス取引とは

クロス取引とは「信用売り」を利用したテクニックで現物取引と信用取引を同時に行う手法です。

具体的には、権利付き最終日までに「現物取引での買い」と「信用取引での売建(空売り)」を同じ株価で同時に行うこと。そして権利落ち日に「現渡(げんわたし)」という方法で決済する。

これがクロス取引です。

信用売りというのは、現物買いとは逆で「株価が下がれば儲かる仕組み」になっています。つまり、株価が上がっても下がっても損も得もしない。信用売りの損は現物買いの利益で相殺できますし、逆に現物買いで損が出ても信用売りの利益で相殺できるという仕組みです。

こうすることによって、売買の手数料だけで株主優待を得る事ができちゃうんです。

株主優待 クロス取引の注意点

株主優待をお得に貰うために「クロス取引」は非常に有効なテクニックですが、注意すべき点ももちろんあります。

一つは取引出来る銘柄が限られると言う点。

クロス取引をするためには「信用売り」をする事が大前提ですから、当然信用取引ができる銘柄でないと、このテクニックは使えません。信用取引が可能な「賃借銘柄」であればクロス取引のテクニックを活用することができます。

二つ目は逆日歩(ぎゃくひぶ)です。

逆日歩とは、信用取引での売り建てが多すぎて証券会社の株が不足した時に、証券会社が株を別のところから調達してくる時にかかる費用。人気の株主優待銘柄の場合、クロス取引を活用しようとする投資家が多い為、株が不足して逆日歩が発生してしまうケースがあります。

逆日歩のリスクを考えると、クロス取引も完全にノーリスクというわけではありません。

出来る限り投資リスクを下げるには?

「投資にリスクは付き物」ではありますが、工夫次第でリスクを減らすことは不可能ではありません。クロス取引もリスク軽減の一つの方法ですが、さらにローリスクで株主優待をGETしたい!と言う方は「投資のプロに相談してみる」のも一つの有効な手段でしょう。

投資に関する事ならなんでもOK!
>>>投資のプロに聞きたいことがある!!<<<

コチラの投資顧問では投資に関することならどんな事でも解決してくれるそうです。評判の高い投資顧問会社ですし、無料登録できるのも嬉しいところ。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。

わからないことや知りたいことはバンバン質問して解決するのが賢い投資家の近道です!

 ページトップへ